コニカミノルタ、カメラ事業撤退!

先週、ニコンが銀塩カメラからの撤退を発表したばかりですが、なんと、今度はコニカミノルタがカメラ事業そのものから撤退するそうです。詳細はこちら

レンズ交換式の一眼レフカメラはそこそこ好調なものの、デジカメ全体を支えられるほどではなかったということで、旧ミノルタが誇っていたαシリーズの資産はソニーへ譲渡されるのだそうです。

厳しいですねー。それにしても、コニカミノルタのプレスリリースにも書いてありますが、純粋な光学系やメカニカルな部分の「機械」の技術が良くても「喰っていけない」というところに、デジタル商品の難しさがあるし、「カメラを使い写真を写す」という行為そのものが今までと大きく変化していっているのだという気がします。コニミノはその辺の変化を見誤っていたというか、ついていけなかったのかな。

| | コメント (0)

12角の石

050119
クスコを訪れたことのある人ならおそらく誰でも知っている「12角の石」です。ビールのボトルにもデザインされているくらい、クスコの名物です。なんで12角なのかは諸説あって、「一年12ヶ月」に関係しているとか、当時の皇帝の一族が12人だったからだとか。この石を外すと全てが崩れるなんて説もあります。でも僕は案外、単純に職人が技を競った結果なんじゃないかなんていうふうに考えています。他にも12には及ばないけど極端な多角形の石がいくつかあるんです。インカの石組みの技術は現在の技術でも再現が困難なくらい高度な技術だったそうです。よく「剃刀の刃も入らない」なんていいますが、それは大地震があっても歪ひとつ起きないくらい、頑強で精緻なものでした。多角形に切り出した石を複雑に組み合わせ、さらに一つ一つの石は「ホゾ」で組み合わせた上に、接着剤のようなものでピッタリくっついているんです。僕は「頑固オヤジ」みたいな職人が、若い職人相手に究極の技術を見せつけたんじゃないか、なんて思ったのですが、さて真相はどうなんでしょうね。

久しぶりに「携帯待受けらくだ」に画像を追加しました。もちろんペルーの写真。「中南米」と「生き物」と「その他」のところにあります。せっかくだから、この12角の石も入れておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメの効用

050116
今回、写した中でわりと好きな写真。左がリャマ、真ん中がアルパカ、右端がインカ(?)のオバチャン。

デジカメを旅行で本格的に使ったのは今回が初めてです。今までは海の中の撮影では使っていたんですけど、陸の上ではあまり使っていなかった。で、使ってみてすごく良いなと思ったのが、時間が記録されること。もちろん、フィルムのカメラだって写しこめるように設定できるけど、あれは写真に写るでしょ。デジカメだと画像に写さずに記録できる。だから移動などの節目節目で写真を写しておけば、行動がかなり正確に記録できるわけです。写したいものがなくてもとにかく写真さえ写しておけば、いちいちメモを取る必要が無いんです。これは助かります。そんなわけで、デジカメだけで450枚くらい写してしまいました。フィルムの写真と合わせるとだいたい800枚。一日100枚以上写してたのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オプティオ750Zの露出補正機能

050115
クスコからマチュピチュへ向かう観光列車の車内です。

こういうコントラストの強い時に、オートで撮影するとうまく露出が適切なレベルになってくれないものですが、このオプティオ750Zはワンボタンで露出をオーバーにしたりアンダーにしたりできる機能が付いていて、とても便利です。普通のカメラにもこの機能自体は必ず付いているものですが、メニューをめくるとか、ボタンを2つ以上組み合わせて押さないといけないとか、意外と使いにくい。

このカメラはシャッターボタンの近くに専用レバーが付いていて、クイッと動かすだけ。これはねー、素晴らしい機能ですよ。当然、デジカメなんで露出の補正結果がプレビューとして見られるので、気に入った露出のところでシャッター押せばいいわけですからね。実はこのカメラの購入を迷った時に最後の決め手はこのレバーの存在だったのですが、うん、これは大正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マチュピチュ

050114
再びマチュピチュの写真。先日のものと見比べてください。この間のはデジカメで撮影した画像。今日のは35ミリポジフィルムを使い一眼レフカメラで撮影した画像。画質がどうのこうのという以前に写っている範囲が全然違うでしょ?一眼レフカメラには24ミリからのズームレンズを付けてあるんで、38ミリ相当のデジカメとだとこんなに違うんですよ。今時、写真なんてあるていど色にしろ明るさにしろ、後からどうにでも補正できますが、画角だけは補正できない。写っていないものは写っていないですからね。今回、かなり意識しながら写真を写していたんですが、やっぱり海外旅行で風景を写すには広角側が24ミリってすごく有効です。28ミリじゃ、ちょっと足りない。オプティオ750Zはコンパクトデジカメの中でも、じっくり風景を写すのに向いているとされているカメラなんですけど、なんで広角側が38ミリ相当なんだろうなぁ。惜しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出たー

僕は普段旅行では銀塩の一眼レフカメラを使っています。もちろん状況に応じて、コンパクトカメラも使うし、デジタルカメラも使います。でもやはりメインは銀塩一眼でした。それは「写真を写す」という行為を行うのに、銀塩一眼レフをデジタルカメラが上回っているとは思っていなかったからです。スピードとか、確実性とか、もちろん「慣れ」という部分も含めて。デジタル一眼レフも良いんですけど、CCDサイズの関係で、今まで使っていたレンズの焦点距離の感覚が変わってしまうというのはけっこうつらいし、軽くなったとはいえ、まだまだ重い。だからまだデジタルカメラは手軽に使えるコンパクト機や、特徴がはっきりとした機種を使っているだけでした。

もし旅行でデジカメをメインに使うとすれば、僕が考える理想のデジカメは、必ずしもレンズ交換式の必要は無く、手動のマニュアルフォーカスが使えること、手動ズームが使えること、ファインダーを覗いて写せること、レンズの焦点距離が35ミリ換算で広角側が28ミリ以下であること、液晶モニタがバリアングルであること、CCDサイズができるだけ大きいこと、フラッシュは自動で焚かれないこと、などなど。

今まで、これを満たすようなデジカメは無かったんですね。

そしたらですね、出ちゃったんですよ。ほぼこれを満たす機種が。

Konica Minolta DiMAGE DG-A200

あー困ったなぁ。買っちゃいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのまちうけ

僕も待受け画像を提供させて頂いているイーヘッドラインさんの「きょうのまちうけ」ですが、どうやらかなり苦戦している模様。未だに支払い最低額に達していません。正直言って、最初に話を伺った時に、面白そう、と思ったもののイマイチすぐに理解できなかったんで心配はしていたのですが、僕が心配していた以上のようです。

僕は実際のサービスを見ることができないんで確かなことは言えないんですけど、そこまで不人気なサービスでも無いと思うんですけどね。で、前から思っていたのですが、これはやはりネーミングに問題があるのではないかと。

「きょうのまちうけ」と聞いてもサービスの内容が連想できない。なんとなく毎日待受け画面がダウンロードできるのかと思ってしまいそう。実際には待受け状態でニュースのヘッドラインが見られるというサービスなんですけど、その辺が伝わってこないと思いませんか?

せめて「待受けヘッドラインニュース」とか「ニュースつまみ食い」とか、そういう方が良いんじゃないのでしょうかねぇ。今さら言っても遅いだろうけど。

思うに、このサービス、確かに「待受け状態で」というのが技術的にはキモなんだと思います。でもユーザーにとっては、それが待受け状態かどうかとか、あんまり関係無いんですよね。要は何が見られるかが大事なわけで。

実際には僕が思っていた以上に、僕の画像を利用してくれている率は高いんですよ。勝手に想定していたのはせいぜい1割くらいだろう思っていたんですけど、3割くらいは使ってくれているようです。これで利用者数が1万人くらいになってくれるとそこそこのお小遣いになるんですけどねー。仕事をしないで済む日は遠そうだ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リゾートの待受け画像

携帯待受けらくだ」に待受け画像を追加しました。「海」に4枚、フィジーの海の写真を加えてあります。(一番下の段4枚が新作です。)今日から9月だけど、まだまだリゾート気分!

ちなみに僕の待受けは一番右下のです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚の待受け

久々に「携帯待受けらくだ」に待受け画像を追加しました。今回はグレートバリアリーフの海の中の写真です。クマノミの他、いろいろ魚も写っているけど名前がわからないので「生き物」ではなくて「海」の方へアップしてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのまちうけ

本日付でイーヘッドライン様によるau公式サイト、「きょうのまちうけ」がスタートしたそうです。

詳しくはリンク先をご覧頂きたいのですが、こちらの待受け画像に「らくだの旅行」が風景画像を提供しています。auユーザーの方で、特に定額料金の方はぜひご利用いただき、そして「らくだの旅行」の風景画像をお買い求めください。「EZメニュー」からは「ニュース・天気」→「ニュース」→「きょうのまちうけ」だそうです。

それにしてもイエローキャブと張り合う事になるとは夢にも思わなかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧