ウルルに登らないという体験

前回、「駱駝日報」に投稿してから4ヶ月。「日報」どころか「季報」と化してしまっていますね。タイトル変えようかな・・・。(苦笑)

というわけで、遅れ馳せながら新年おめでとうございます。今年は大きなことは言わず、去年以上の更新回数を目指して頑張っていきたいと思います。

さて、今日これを読んでくださっている方はおそらく初めて「らくだの旅行」をご覧いただいてくださった方ではないかと思います。なんか久しぶりにアクセスが増えてるな~と思ったら、ヤフーニュースからリンクが貼られていたんですね。恐るべしヤフー。

小難しい話は「体験談」を読んでいただいていると思いますので、ここでは触れません。
せっかくお越しいただいたので、ぜひ、他のコンテンツもご覧になっていってください。
どうぞ「らくだの旅行」をお楽しみください。

| | コメント (0)

イサク・パシャ宮殿

久しぶりに、本当に久しぶりに「写真記」を更新しました。と言っても、「@トルコ」のコンテンツの焼き直しですが・・・。

トルコの東の果て、イランとアルメニアとの国境地帯にあるイサク・パシャ宮殿を紹介します。写真を見ながら、我ながらよくこんな場所に旅行へ行ったものだと思います。

http://rakudatravels.cool.ne.jp/photo/pcl/3140/pcl38_index.html

| | コメント (0)

ジャワ島地震被災者支援

週末に起きたジャワ島地震の被災者支援の募金受付をユニセフが始めました。

http://www.unicef.or.jp/kinkyu/centraljava/2006.htm

去年の夏に訪れたジョグジャカルタの王宮周辺の民家も大半が倒壊したそうです。自分が行っている時でなくて良かったと思うと同時に、旅行中に出会った人や、すれ違った人の多くがきっと被災している。そう思うととても胸が痛みます。

| | コメント (0)

パキスタン地震被災者支援

パキスタン地震被災者支援を目的としたチャリティーコンテンツの提供をニフティ株式会社が始めました。

http://www.nifty.com/tokusetsu/

普段、ワールドフォトコンテストに写真を投稿しているご縁で、コンテンツ用の写真を僕が提供しています。「らくだの旅行」でも無料でダウンロードできる画像がほとんどですが、被災者の方への支援のためにどうぞご協力をお願いいたします。

| | コメント (3)

紙一重

バリ島でまたもやテロがあり、八戸大学の職員の方が犠牲になりました。しかも再婚の新婚旅行だったそうです。こういう事件に巻き込まれるのは本当に不幸でならないけれど、ましてや同業だし、僕も離婚歴があるので、本当に無念だろうな、と気の毒でなりません。ついこの間はカナダで遊覧飛行機が墜落して日本人が亡くなったし、結局、行かなかったけど、旅行を計画していたケニアでも強盗に日本人が襲われる事件がありました。ちょっとの差で僕もどれかの事件に巻き込まれていたかもしれない。運命は本当に紙一重。

| | コメント (3)

ユーラシア旅行社の個人旅行

今回のインドネシアの旅行ですが、いつも添乗員付パッケージツアーで利用している、ユーラシア旅行社の企画旅行を利用しました。僻地と違って添乗員付で行くほどでもないし、かと言っていろいろ回るには個人の手配では面倒くさい、ということで、添乗員付のツアーを参考に組んでもらって出かけてきたのですが、ホテルの部屋がリクエストしてあったタイプと違うとか、日程に無理があって楽しみにしていた予定がこなせないとか、けっこうひどい目にあいました。ホテルの部屋は、結局、現地の旅行会社の手配ミスだということが判明したのですが、最初、クレーム付けた時には現地の会社の担当者に「これしか部屋が空いていないので納得してください」と言われるし、帰国した日にユーラシアの担当者に電話したら「現地に確認します」と言ったっきり、2週間も放って置かれるし、挙句、最終日程表に部屋のタイプを記載していないから法的な責任は無い、とか言ってるし。だいたい、僕が帰国する前に、現地から連絡は入っていたんだから普通ならこちらから連絡する以前に先にお詫びのメールなり電話なりかけてくるものだと思うし、現地に問い合わせ中で回答に時間がかかっているなら途中で連絡入れるのが常識だと思うんだけどね、岡本さん。

最終的には1万円ほど返金してくれることになったのですが、なんか、納得いかないなー。帰国後にお金で解決できる事では無いけど、それにしても100%旅行会社の手配ミスで旅行中何度も不愉快な思いをさせられたわけなのに(ちなみに部屋のタイプ違いは2箇所のホテルで計2泊)、「それって少なくないですか」と言ったら「多いか少ないかは決まりがあるわけではないので個人の感じ方ですから」だそうです。それなら、まさに僕がユーラシア旅行社にさせられた嫌な思いと、それに対するユーラシア旅行社の誠意がつりあっていないと言うことになると思うんですけどね。これがパッケージツアーならある程度は仕方が無いことだけど、そういうことがないように、企画旅行にして部屋タイプの指定をしたんですからね。

以前からこの会社の旅行に対する姿勢に個人的には疑問を感じてたんです。例えば、フラッシュによる写真撮影禁止の場所で、添乗員がそのことを客に注意しないとか(係の人が見ていなければ良い、と言っていた)、ツアー客がみんな暑さで疲れている時に、ガイドさんが気を利かせて「自由時間にして希望者だけ土産物屋で休みませんか」と言ってくれているのを添乗員が「土産物屋には案内しないことになっている」と頑なに拒んで観光を続けたり、とか。

けっこう面白いツアーとかあってよかったんだけど、ちょっともう信用できなくなったな、この会社。たぶん二度と利用しないと思います。特に個人旅行は。

| | コメント (0)

ペルーで買ったガラクタ

今回の旅行で我が博物館の展示物に加わったペルーの品々です。こちらからご覧jください。ページの一番下の方です。これでも今回は「大物」は購入しなかったので、それほど大きな出費は無かったなぁ。

それにしても、更新していて思ったのですが、最新のページの番号、90ですよ。「博物館」は全てのページに通し番号をふってあるので、つまり90個目ってことです。もうすぐ3桁になっちゃう。三桁になることを想定しないで、ずっと二桁で番号をふってきちゃったんですよねー。いまさら三桁にふりなおせないし。まぁ、いっか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インカ対スペイン

050209先週の「世界不思議発見」は、インカ帝国のことを取り上げていました。一月前に訪れていたクスコの街が紹介されていたり、ペルーで散々飲んだインカコーラが紹介されていたりして、いつにもまして楽しく見ていたのですが、特にニヤリとするものが。それがインカ対スペインのチェスセット。はい、僕が見逃してくるわけは無いですよ。しっかり買ってきました。ナイトがラマだったりして、なかなか面白いんですよ。でも、実は僕、チェスのルール、知らないんですよねー。これを機会に勉強しないとなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

次に訪れたい国

旅行ガイド出版社のロンリープラネットが読者などを対象に行った調査で、次に訪れたい国の1位はオーストラリアだったそうです。2位はチリ、3位はブラジル。ちなみにオーストラリアは「今まで旅行した中で良かった国」でも1位だそうです。

僕も必ずしも「一番」ではないけれど、また行きたい国の1つではあります。というか、是非行きたいし、絶対行くと思う。この冬も最終的にペルーへ行きましたが、オーストラリアの西海岸も候補の1つだったんですよ。

さて、僕なら「何処」と答えるか。

次に行きたい国(地域)の候補はやっぱりチリ(イースター島)、タヒチあたりでしょうか。この冬が秘境系だったから次はリゾートが良いかな。

今まで良かった国、これは難しいですね。どこも良い。一度行けば十分ってのは香港くらいかな。強いてあげるなら、やはりエジプト、カンボジア、イラン、ハワイ・・・このあたりか。1つに絞ると・・・やっぱ絞れないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4000メートル近い宇宙

050124
今回のペルー旅行で写した写真です。撮影場所はティティカカ湖。標高3800メートル以上という、富士山よりも高い場所にある湖のほとり。星までの長い長い距離と比べればほんのわずか、チリほどの差も無いかもしれないけれど、それでも普段東京の星の無い夜空を見慣れた僕には、とても宇宙が近く感じました。

もう少し星の知識があれば良いんですけど、良くわからないので、星が一番多そうな場所へ明るい短焦点のレンズを向けて写しました。風が強かったのでヘボ三脚ではぶれてしまい、なんとか見られるのはこの一枚だけでした。雲が赤いのはプーノの街明かりが反射しているためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)